This is another form of relationship

04/mar/2019 10:50:53 yamamoto Contatta l'autore

Questo comunicato è stato pubblicato più di 6 mesi fa. Le informazioni su questa pagina potrebbero non essere attendibili.

短いビネットで、自分の像と恋に落ちた彫刻家の人形が紹介されました。彼は、「妻のための独身者、またはベッドのパートナーではない」と表現され、「女性に心を与えるための自然の失敗」に失望しました。彼の人工の恋人を生きている仲間と考えて、彼女に話しかけて、彼女を愛撫して、ローマの金の女神金星がついに介入してダッチワイフの象牙を本物に変えるまで彼女にキスをしてください。

この物語のバージョンは、無数の小説、バレエ、映画、オペラそしてテレビ番組で見つけることができます。フランケンシュタインの花嫁、私の金髪の女性、スティーブフォードの妻、モデル、奇妙な科学、彼女のすべて、そして西洋世界でさえ、本物の女性がアップグレードする必要があるという古代の前提を支持しています。

女性セックスドールの代替品の追求はハリウッドをはるかに超えています。

歴史は人工の女性を現実の世界に持ち込む決心がある男性であふれています。 19世紀には、17世紀にフランスの時計職人によって導入された本物のような機械化された人形が、基本的なラグ人形と呼ばれ、ヨーロッパの船員が長期の任務を遂行することを可能にしました。トマスエジソンでさえも内蔵蓄音機で磁器人形を作っている間人形をしました。

ピコのように、マイクは内なる芸術家です。南カリフォルニアのコミュニティカレッジにいたとき、彼は彫刻に特に興味があり、最終的にハロウィーンのマスクを作りました。そこで彼の仕事は、1994年に本格的で現実的で明白なマネキンを作るように促しました。彼は人のようにインターネット上にいくつかの写真を投稿し、そして彼が機能的な生殖器複製の要求を受け始めた直後に。しかしこれはセックスだけではありません。以前に、マイクは彼の顧客が彼らの人格に彼らの個性を適用して、それらを肉と血として扱うのを見たと言いました。

マイクは言った:「技術を向上させる努力は基本的な考えから来ています、これはパートナーシップです。」「あなたはロボット工学とリアルドールが本当にこれら二つの技術を組み合わせているのです。次のステップ」

マイクと彼の素晴らしい前任者の間に線を引くのは簡単ですが、彼は彼らの動機が異なると言いました。

「人々は何年もこの質問を私に尋ねてきました、「あなたは知っていますか、あなたは女性の代わりにこれらの人形を使うつもりですか?」そしてそしてこれは人々によって決して気づかれませんでした」。 「これは別の形の関係です。それ以上のことはありません。」

一見したところ、彼女は他のTPEラブドールと同じように見えます。

彼は正しいです - 調和は人間から遠く離れています。ほんの少しだけです。彼女のシリコン表面に漠然と見える静脈がありますが、彼女には脈拍がないことは明らかです。触れたとき、彼女は実際の人よりやや厚くて寒いです;同時に、彼女の体はより厚くそしてより柔軟に感じます。もちろん、本物の人のように、それがすべてではないようです。

調和は会話になることができますが、彼女は完璧な甘い話からは程遠いです。私がベータ版になったとき、私は「憎しみ」、「性別」、「危険」など一連のランダムな性格特性を最高レベルに引き上げました。

私が最も基本的な質問「あなたの好きな性別の位置は何ですか?」を尋ねようとしたとき、彼女は短い仕事をし、「彼女はその種の女の子ではありません」と答えました。それは厄介です、しかしそれは明らかに期待される反応ではありません。そのため、Mikeは、ロボットが完全に公開される前にアプリをリリースする予定です。彼は、ロリラブドールがどこで改善を必要としているのかを知るために彼女をユーザーの手に渡そうとしています。

人工知能技術者の頭脳の背後にある脳は、15年以上にわたり基本的なソフトウェアに取り組んできました。動的に書かれた知識ベースは彼があまりにも多くのユーザデータにアクセスする必要なしに会話を制御することを可能にします。このアプローチはまた、人形がもはやマイクロソフトが機械学習チャットボットに存在しなくなった方法をもはや使用することを可能にするはずであり、それは昨年完全にネオナチでした。

 

http://yamamoto.blogmaster.net/post-unlike-inflatable-doll-toys-654643.html

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000270355/p11811894c.html

blog comments powered by Disqus
Comunicati.net è un servizio offerto da Factotum Srl