歯茎の下の歯石をきれいにします

11/set/2019 05:26:20 toolsalejp Contatta l'autore

何日に一回お風呂に入りますか?三日間ですか?五日間ですか?どのぐらいの時間で歯を洗ってあげますか?歯を風呂に入れるのは歯を磨くことではないですか?毎日使います。一日に二回使います。」あなたもそう思いますよね。しかし、今日は歯に「お風呂」と言っています。歯を磨くのではなく、歯を洗うのです。私たちの歯は毎日どのぐらいのツベルクリンが形成されているか分かりますか?鏡を見てください。ハハハ。歯を磨く以外に、歯を洗って細菌と対抗しなければなりません。 https://www.shikasale.com/ 歯を洗うとは何ですか? 歯を洗う専門用語は「衛生治」です。歯を洗うのは1種の専門ので、比較的に徹底的に歯、口腔衛生の方式をきれいにすることができて、医者が専用の医療器械を使って歯の表面の積み上げた歯のキノコのぶち、歯の結石と色素を使ってきれいにする1種の専門の治療の手段です。 歯を洗って清潔な口腔の衛生を持って、歯茎の出血を緩和して、清新な口ぶり、虫歯と歯周病の変化などの作用を予防して、1種のとても良い口腔の保健の方式です。使用する工具によって、臨床的には手作業の衛生と超音波の衛生に分けられます。手で掃除するということは、「小さな針」のような専門の手作業器具で歯の結石を歯の表面から「こじ」してしまうことです。 主に次のような場合に使います。 歯茎の下の歯石歯科機器をきれいにします。 いくつかの特殊な患者に対して、例えばシールド機能のない心臓ペースメーカーを設置した患者と、ある特殊な伝染病を患った患者。 超音波治療は高周波振動の作業ヘッドで歯の結石を除去し、清掃効率が高く、臨床で広く使われています。2つの方法の臨床治療効果に差はない。超音波の歯を洗うのは超音波の高周波の振動を利用するので、更にきれいな水を使って、いっしょに歯に掃除をして、無痛はすべて調子が悪くなくて、歯と歯の周を傷つけません。

blog comments powered by Disqus
Comunicati.net è un servizio offerto da Factotum Srl